赤木と松林と。②

a0291154_04143100.jpg

      
「漆黒の木」

赤木さんと松林さんの出会いは10年ほど前。
そんな二人が2011年・11月・「赤木明登 ぬりもの」の企画展会場:テーブルギャラリーの店内で交わした会話
松林誠 「僕も漆に絵を描いてみたいな。」
赤木明登 「やってみますか。」
こんな会話が実り・・・2015年・11月に「赤木と松林と。」が実現しました。

赤木さんは言います。 
「松林さんの生命力あふれる絵と生きものである漆の生命力が合わさってとてつもなく力強い作品ができました。」
「漆の世界ではありえないと思っていたことを試みた、なんとも自由なコラボ作品の誕生です。」

松林さんが漆を使ってやりたいことは、輪島塗の技術と蒔絵師の技によって仕上がりました。



______________________________________________

[  お問い合わせ ]

くらしのかたち テーブルギャラリー
電話&ファックス 088-882-7030
メール maeda@k-tablegallery.com

by k-tablegallery | 2015-11-13 01:00 | 企画展・赤木と松林と。
<< 赤木と松林と。③ 赤木と松林と。 ① >>